『ギリシア哲学と主観性―初期ギリシア哲学研究』

『ギリシア哲学と主観性』- 初期ギリシア哲学研究(日下部吉信・著).jpg

お久しぶりです。


『ギリシア哲学と主観性―初期ギリシア哲学研究』の著者・日下部吉信氏のブログがあることを知り、昨日見てみました。


現在、『ギリシア哲学講義・30講』という講座が開講されているらしく、講義録がPDFとしてアップロードされています。

今まで良く読んでいた本なので、PDFのリンクを貼り、自分用のメモとさせていただきます。ページをご覧の皆様も、よろしければ読んでみてください。

個人的な感想としては、もっと穏やかに自分の道を行けばいいではないかとも思えるのですが、古代ギリシア人が経験(初めは哲学者のような鋭い人々、後々は一般の人々)したように元々の生き方を相対化・対象化し、変えてしまおうという主観が現れた際の争いは非常に厳しくなるようです。(いずれ多数派が形成する政治は失敗・陳腐化し、反対派に対する魅力や支持が集まるからだろう)

また、構造や存在と言われているものも、民族性を指している場合と生物しての特徴を指している場合(どうやら哲学では避ける傾向があるようですが)どちらを考えるべきか悩む場合があります。

と、読み始めてから随分時間が経っているにも関わらず、未だ考えがまとまらない訳ですが、時々ここに戻って何かを考えるには非常に有益な本だと思います。




第1講 はじめに   -ハイデガーと西洋形而上学-(PDF)
第2講 講義の概要 (PDF
第3講 否定性の哲学(ゴルギアス・ゼノン)(PDF)
第4講 プロタゴラス・ソクラテス・プラトン(PDF)
「ソクラテスよ、なぜ君はそんなにも頑張るのかね」(プロタゴラス)
第5講 ソピスト(PDF)
第6講 ピュシス(其のⅠ)(PDF)
         「古代ギリシアにおける自然概念」、「ノモスとピュシス」、
         「主観性を否定する原理としてのピュシス」
第7講 ピュシス(其のⅡ)(PDF
          「ピュシスに呪縛された哲学者アリストテレス」、「アリストテレスの自然学」
第8講 ピュタゴラス哲学(PDF
                     「ピュタゴラス」、「ピュタゴラスとテラトポイイア」
合理(ロゴン)と非合理(アロゴン)が互いに求めあう原理であるという真理の具体的表現になったという点にこそあるのであります。ピュタゴラスは存在ないしは現象そのものが哲学的考察の課題であるような哲学者なのであります。ギリシアには、哲学者と言うよりは、哲学そのものとも言うべきような人物が多いですが、特に初期ギリシアの哲学者にそのようなケースが多く見られますが、 ピュタゴラスもそのひとりであります。しかも顕著な事例と言わねばなりません。近代世界の一面性を露ならしめ、その問題性を問うためにもわたしたちはピュタゴラスを復活させねばなりません。
第9講 デモクリトス(PDF
彼の知的関心の特徴はその烈しさ、過激さですが、その発生源は両方向に張り詰めた志向性の緊張にあったのではないでしょうか。そこに彼をして世界中を歩き廻らせたエネルギーの発生源があったのではないでしょうか。理念化への方向と深層への方向、意識化の方向と無意識化の方向、合理の方向と非合理の方向との間に張り詰めた志向性の緊張、それが「哲学者デモクリトス」という現象だったのではないでしょうか。
第10講 アリストテレス(其のⅠ)(PDF)
          「哲学者アリストテレス」、「アリストテレスのイデア論批判」、「アリストテレスの存在論」
第11講 アリストテレス(其のII)(PDF
          「アリストテレスの倫理学」、「アリストテレスの制作術」、「ペリパトス派」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://naotaka.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/62

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、Naotaka Uzawaが2014年6月 4日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経済に関する話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログ記事について

このページは、Naotaka Uzawaが2014年6月 4日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経済に関する話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。