クラウゼヴィッツやトゥキュディデスの本などを読みながら国際ニュースを読み解きます。

米戦術核、欧州での削減検討へ

| コメント(0) | トラックバック(0) |

中東情勢 - 地域的対立へと規模縮小へ(2009/10/10)

【米戦術核、欧州配備の削減検討 NATO外相会合(日経、2010/4/23)】
●ドイツ、ベルギー、イタリアなどに約200発配備されている。
●ドイツ、オランダなどが欧州の戦術核撤去を主張。
●NATO内では、削減・撤去に対し、<b>ドイツが積極的</b>、中東欧が慎重。
(記事の内容ここまで)


『大国政治の悲劇』(五月書房、ジョン・ミアシャイマー著、奥山真司訳)
●506p~510p

 

ドイツは積極的に欧州で力を増大させようと考えているのかもしれない。また、中東欧がロシアとの協議が必要としている中、ドイツがお構いなしに撤去を主張しているため、核兵器の保有も十分検討しているのではないかと思う。

 

これをどう見るべきだろか?

 

日本は今、軍備を拡大させなければならない状況にあります。しかし、インドのように暗黙の了解を得られる立場ではありません。

 

ドイツの軍拡に対処する場合、ロシアのシベリアにおける状況は悪化するはずです。そのため、ドイツは中国と手を握る可能性が高いのではないかと思います。中国は、シベリアを欲しがっているでしょう。

 

日本は、ロシアのこの状況から軍備拡大の了解を取り付けるチャンスを見つけ出さなければなりません。

 

では、どのような順序で考えるべきだろうか?

 

①ドイツの軍拡によってロシアが資源をヨーロッパに振り向けなければならなく状況の初期
→日本はドイツの状況を黙認(or 不快感を示す)、ドイツの中国接近については認めない(批判する)

 

②シベリアの状況が中国優位に推移しそうになるころ
→日本はフランス、ロシア、イギリスの軍備拡大、その他の行動を支持し、ドイツの軍拡を認めない
→日本はこの時期に軍備を拡大させる(当然、準備はその前からしておく必要があります)

 

それにしても・・・

 

『大国政治の悲劇』の「明日の北東アジアの構造と紛争」を読むと、ニクソン大統領時代のキッシンジャーの中国接近を思い起こさずにはいられません。キッシンジャーは、『外交』(ナポレオン3世とビスマルク)で、普墺戦争においてプロイセンを支援したナポレオン3世を批判していました。「力関係の読み間違え」、「個人的な思い入れ」がオーストリアを支援すべきだったのにプロイセンを支援してしまった原因として挙げられています。

 

キッシンジャーは、中国接近の限界をしっかり把握していたのだろうか?あるいは、その後の政権における政策の転換に失敗したということだろうか。いろいろと疑問が湧いてくる。

 

ただ、「言うは易く行なうは難し」。

 

「個人的な思い入れ」から抜け出して、あるべき姿に戻る苦しみは日本人のほうが理解できるはず。心のなかでは分かっているのに、口に出せない状況にあるのですから。

 

いろいろなニュースが出てくると思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://naotaka.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/47

コメントする