クラウゼヴィッツやトゥキュディデスの本などを読みながら国際ニュースを読み解きます。

2010年2月アーカイブ

「2年以上に及ぶ深刻な景気収縮の後だというのに、公定歩合すなわち連邦準備銀行から市中銀行に貸し出す際の金利を引き上げたのである・・・通貨供給量の減少は、必ず深刻な不況を生み出している。」(『資本主義と自由』、ミルトン・フリードマン)

 

今回は、

米英と欧州の金融セクターにリスク、アジアは力強い=豪中銀高官 (ロイター、2010/2/16)

「過剰な」差し押さえ、今年の米住宅価格の下落要因に-S&P   (ブルーム・バーグ、2010/2/16)

の記事に注目しました。

 

公定歩合の重要性は、1930年代のころより確実に低下しているものの、記事にあるように

  • 商業用不動産向け融資の多い中小金融機関の経営悪化
  1. →中小企業向けの与信減少→国民の心理悪化
  2. →差し押さえの増加→住宅価格の下落→不良債権の増加

というリスクについて注目していこうと思います。

 

上記のミルトン・フリードマンの文章の前は、イギリスの金本位制離脱が原因で金流出を防ぐために公定歩合が引き上げられたという流れになっています。つまり、国家の衰退・興隆と大恐慌が発生した要因とが密接に結びついているわけです。

 

現在、米中の関係が微妙になってきています。また、日本の政府債務残高が非常に悪化してきていることが米国債の消化に影響を与えるというような形で状況が悪い方向にいく可能性もあるでしょう。

 

上記のような見方でニュースを見ていくのも有益かもしれませんね。

随分と粗い内容ですが、少しずつ内容を充実させていきたいと思っています。

今ある富を食いつぶすのではなく、富自体を増やす可能性を追求すること。

①の背景を持った人たちの拡大を促し、かつ、その富の分配を適切に行えるようにすること。

強大国に挟まれる状況になるため、バランスの取れた関係を築くこと。

  • これら大国との交渉において、国内の支持が高い場合でもトップが足元をさらわれ屈服する可能性が高いと考えられるため、それを防ぐ措置を制度として作ること。
  • ただし、交渉の前段階として、国家の尊厳・主権に対し曖昧な態度を取る政治家の退場を促す必要がある。これは結局は私たち国民一般の精神的雰囲気から湧き上がってくる人々なので長期的な課題だ。

人口問題

  • 参政権は日本国籍所有者に限定すること。
  • 国籍取得を現在よりは緩和すること。
  • 国籍取得時の宣誓条件に違反した場合は国籍を剥奪することを明記すること。
  • 宣誓時の条件に、「国益に反する行為はしない」、「出身国と交戦状態に入った場合でも積極的な貢献を行うこと」を明記すること。
  • 国籍取得条件の緩和を人口問題を解決するための手段としては利用しない。

エネルギー・食料問題

  • 陸軍国の勢力が強くなっていくため、これからは海の分割が激しくなっていくことが予想されます。そのため海洋の自由を保全する勢力との同盟を選択し、輸入路の安全を図る必要があります。
  • 農地保全、食生活の変化を促す必要があります。
  • 農業に関しては①の観点も重要だが、主に②の適切な分配の観点から見ていく必要がある。

敗戦処理(に対する基本的な認識)

  •  敗戦の影響は、敗戦直後より冷戦終結後の経済的衰退、実戦経験者の引退に伴ない現在の方がより危険だ。