第8部 戦争計画の最近のブログ記事

(→メモ

 

8編5章.jpg 

 この章では、国運が衰退していく小国がどのような戦争の目標を持つべきかが考察されている。注意点は、戦争の目標が制約されている場合の考察では敵国と自国の戦力バランスを考慮して攻撃・防御を決定するわけではないという部分だ。

 将来が見通せる場合には国運の悪化している小国、見通せない場合でも大国と利害が衝突している小国が想定されています。現在の日本をこの立場にあると想定して読んでみるのもいいはずだ。

 攻撃か防御かを決定するのは戦力のバランスではなく将来に対する評価であり、将来が見通せる場合はチャンスが巡ってくるか、見通せない場合は政治的目的の評価が判断の分かれ道となっている。

 国運が悪化していく国家の前途はまさに多難だ。フリードリッヒ大王(3編6章)は国の滅亡一歩手前まで追い込まれたわけだし、古代ではマケドニアに追い込まれていたアテネにおいてデモステネスが同盟結成までは行ったもののカイロネイアの戦いで敗れている。これは8編7章における話だが、「制約された目標」における攻撃、つまり「敵国土の部分的占領」には多くの困難があるというのがクラウゼヴィッツの評価だと思う(8編7章,7編4章,7編5章,7編-勝利の最高点について)。そういった意味でそれを乗り切ったフリードリッヒ大王に対するクラウゼヴィッツの評価は非常に高いといえるだろう。

 8編の戦争目標の考察の大枠を示している点でこの5章は有益だ。

 

「戦力のバランス」が攻撃・防御の選択基準にならない理由について
 この8編5章における「戦力のバランス」の扱い方はなかなか分かりづらい。読んでいて微妙な感覚になる人も多いのではないだろうか?実は1編2章においても同じ内容が登場する。ここでは上の表も使いながら自分なりの理解を書いておきたい。

(表から)
 攻撃か防御かの判断の流れを示した上の表において、まず現れるのは物理的・精神的優位がどちらにあるかの評価だ。しかし、自国の立場は優位ではないと判断した場合でも、積極的精神・冒険を実行する性向が強ければ敵を完全に倒そうとする戦争に発展する可能性がある。つまり小国においてもこの種の戦争を引き起こす可能性がある。

(概念上の戦争の前提から)
再び、概念上の戦争の前提からいくつか取り上げてみよう。

(2)戦闘力、能力など互いの様々な条件を同じにする (1編2章)
(3)両者とも戦争の完全性(=敵の抵抗力の完全な破壊)を追い求め、能力もある (1編1章2,6節,2編5章→7節で否定)
(4)相手の持つ抵抗力をしっかりと把握できる (1編1章5節→10,18節,1編2章は現実の戦争、8編5章)

条件を少し変えてみよう。(4)はそのまま固定し、(2)と(3)の条件を変更する。このとき、明白な力の差があり精神的な力でも穴埋めが出来ないならば概念上は戦争など選択しないだろう。しかし現実には明白な差があり不利なのに戦争を選択し、さらに攻撃という闘争形式を選択する場合がある(1編2章を参考に)。よって戦力のバランスが攻撃・防御の選択基準の核心ではない、ということになるだろう。

●1編1章11・25、6・8参照、軍事行動の停止に関する部分

この章では、作戦計画を立てる当たって、あらかじめ大まかな戦争の様子を正確に把握することが大切だと書かれています。


 第1編1章27においても、似たようなことが書かれています。(国際関係とは? - 3月10日


 そして、戦争の激しさの度合いにおいて2つの対照的な事態を念頭に置いています。注意点は、この2つはどちらも「現実の戦争」だということです。(1章1編-「現実の戦争」の2つの方向性


①絶対的戦争に近い場合
②絶対的戦争からは程遠い場合


 クラウゼヴィッツは、①の戦争をナポレオンが行った戦争を例に話しています。そして、②の戦争をフリードリッヒ大王が行った戦争を参考にしています。


 これらを参考にして、「どんな戦争になるのか」という見通しを考える際の視点として、「どんな結果になるのか」という部分を重視して論を進めます。そして、①・②ではちょっと戦争についての見方が違ってきます。


①絶対的戦争に近いと見積もった場合、「戦争の結果」をどうみるのか?

 絶対的戦争に近い場合、すべての軍事行動の目標は「敵の戦闘力を完全に破壊すること」に向かい、それを達成するために使われる手段はほぼ戦闘だけになってくるとクラウゼヴィッツは言います。1つ1つの戦闘の価値は、この「敵の戦闘力を完全に破壊する」という部分との関連でしか評価されません。途中の経過は意味がない結果がすべてだということになります。双方がこの目標を持っている場合です。


 絶対的戦争にはならないだろうと思って戦争を始めたところ、相手は本気で自国の戦闘力の壊滅を狙っていた場合は大変なことになります。幼い子供が、飛んできた蜂を純粋な気持ちで、「何だろう?」と思って触ってみたところ刺されて大変な目にあった・・・これがスズメバチだったらどうなったことか・・・なんていうたとえがぴったりかもしれません。


 クラウゼヴィッツは、先ほどのたとえ話で言うと子供の立場から物事を考えています。スズメバチからではありません。その例として、1805年のプロイセンとフランス、1806・1809年のオーストリアとフランス(どちらもナポレオンとの戦争)を例に話しています。


 さて、この第3章Aでは、戦争に巻き込まれる国の数以外、具体的にどのように相手の意図を見積もるかについては書かれていません。ただし、先ほどのたとえ話では子供の立場から見ているという前提と純粋に戦争というものを考えた時は戦争というものは危険なものだという第1編の結論から、どんな戦争だと見積もっても絶対的戦争を頭から消し去ってはいけないと主張されていると考えられます。

  • 1編1章5、1編6章

 

 ①になると見積もった場合、はじめの一歩を踏み出す時から、しっかりとした目標を立てて、見失ってはいけないという結論になっています。


①絶対的戦争からは遠いと見積もった場合、「戦争の結果」をどうみるのか?


 絶対的戦争から程遠い場合、ある戦いが起こったからといって直ちに報復は行われません。国民の感情は、何らかの原因で高ぶらず、それに伴って政府の政治的意図も小さいままです。または、政府の政治的意図が小さいので、国民の感情も高ぶりません。双方がこう考えているという前提です。


 こうなってくると、お互いのある出来事に対する反応は非常に鈍くなってきます。たとえ報復があっても、それは極端に言うと「忘れた頃」に行われそうです。軍事的行動は長い間停止しています。


 この場合、1つの戦闘における結果をどのように考えるか?


 この場合、「ポイント制」のようなものになるとクラウゼヴィッツは言っています。前の戦闘における結果におけるポイント、次の戦闘におけるポイント・・・それぞれは互いに何の関係も無く、「総合点」のようなものを争っていると考えていいはずです。


 緊張が弱いので、1つの戦闘がすぐに報復を呼ばず長い間固定化されるという「時間」が理解の鍵だと考えられます。


 ②になると見積もった場合、様々な利益をばらばらに求めてもよく、それ以外はその都度その都度かんがえればいいという結論になります。ただし、絶対的戦争という考えを本来危険な戦争においては忘れていいはずもなく、②の結論は、その時その時の周囲の状況にあわせ①を修正するという場合にだけ使用されるとクラウゼヴィッツは書いています。

  • 1編1章10

 

まとめ
●①・②は、濃淡のようなもので片一方だけというものではなく、混ざっている。
●①→「戦争とは何か?」という考察によって出てきた結論(理論)から演繹的に考え出した「戦争の結果」についての見方。
●②→歴史を研究することによって(経験)、得た結論

 

参照

●4編3章

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち第8部 戦争計画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは第5部 戦闘力です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。